タイ、イタリア、オーストラリアへの留学をきっかけに、自国へのアイデンティティの欠落に気づく。
これぞ日本の感覚・感性というものを見つけ、分解し理解し再構成することを目標に、現在は雲や紙をモチーフとして、「日本人の現象における感覚・感性」をテーマに制作活動をしている。
石を主軸に、ブロンズ、真鍮、陶器、石粉粘土などを素材とした彫刻を制作。

【JILL D’ ARTでの展示歴】

2020年 みんな展 vo.1
2018年 アートインパークホテル東京2018 
2018年 南村遊 個展 金色前線
2017年 アート名古屋2017
2016年 ART OSAKA 2016
2016年 もくもくににん展 -酒井由芽子と南村遊

Back to Top