2010年より、主に金属とガラスを使い立体作品とインスタレーション作品を制作。近年はグラファイト(鉛筆)のドローイングなども発表する。
また、金属性の植物モチーフの作品を空間に合わせて編み上げる作品「sprout」シリーズでは公開制作やパフォーマンスも行い、幅広い表現方法を試みながら制作を続けている。
日常の中に現れる一瞬の美しい色や情景を意識し、全ての物や事における“佇まい”や“存在感”をテーマに制作している。

【JILL D’ ARTでの展示歴】

2020年 4人展 Four colors vo.2
2020年 ART NAGOYA 2020
2018年 ART NEXT No.3 新世代のアーティストたち
2017年 3人展  -creatures-

Back to Top