2008年よりモノクロームで群衆を描く現在のスタイルで作品制作を続けている。
人の集まる様やその場所・その空間に強く興味を惹かれ、主に都市部の雑踏を作品のモチーフとしている。
旅先や人混みで、そこに自分が居ることをリアルに感じきれない、身体と意識がズレるような不思議な感覚におちいることがある。
このような、主体であるわたしが溶けて客体になっていくような感覚を、作品に反映したい。

【JILL D’ ARTでの展示歴】

2020年 みんな展 vo.1
2019年 添野郁 個展 「Variety」
2015年 添野 郁 個展 − 色相セカイ −
2013年 添野 郁 個展 —アチラコチラ−
2011年 添野郁 ”around” 2010年 添野郁 展 ”Stir”
2009年 添野郁 展 ”←師↑走→”

Back to Top